スタディサプリ BRAND SITE

Brand Historyブランドヒストリー

社内における新規事業提案コンテストへ出された、一本の企画。それが『スタディサプリ』の種でした。
審査・検討のすえ事業化が実現し誕生したのが、大学受験者に向けたオンラインスクールサービスです。
それは段階を経て利用者層とサポート分野を大きく広げ、海外でも認められるサービスへと成長を遂げました。
創業からの歩みとともに、私たちが創造してきた価値を紹介します。

Our Journey

2012|MAR

リクルートの新事業コンテスト
『New RING』でグランプリを獲得

2012|OCT

オンライン学習サービススタート

保護者の所得格差や地域格差が大学進学に影響しているという教育環境の解消を目指し、大学受験を控える生徒を対象に『受験サプリ』の名称でオンライン予備校サービスを開始。有名予備校で活躍するカリスマ講師陣を迎えて制作した講義動画を無料/低価格の見放題で配信し、ネット接続ができる環境であればいつ、どこででも視聴可能としました。「誰もが、思う存分、自由に勉強ができる環境作り」が、ここから始まります。

2013|MAR

月額980円(税別)へ価格改訂

2015|APR

株式会社リクルートが
Quipper Limitedの全株式を取得

「Distributors of Wisdom」を掲げてロンドンで創業した『Quipper』が、リクルートグループに仲間入り。それによりインドネシア、フィリピンにおいても、私たちが培ってきたオンライン学習サービスのノウハウを届けることが可能になりました。現地における新たな価値を提案・創造し教育サービスの新たな幕開けに貢献すべく、さらなる挑戦を継続。

2015|MAR

小学4年生から中学3年生を
対象とした『勉強サプリ』スタート

2015|MAR

小学4年生から中学3年生を
対象とした『勉強サプリ』スタート

2015|OCT

英語サプリサービススタート

総合監修に英語教育の権威である吉田研作氏を迎えて開発した学習法にて、サービス開始。従来のシリーズと同様の講義動画に加え、自動音声認識技術などの最新テクノロジーを取り入れた「聴く」「話す」のレッスンにより、学びはより実践的かつ一人ひとりに最適化されたものへと進化。英語を学び始めの中学生からビジネスで活用する社会人まで、幅広いレベル層の学習をサポートしています。

Study Sapuri
was born

2016|FEB

ブランド名を『スタディサプリ』へ

『受験サプリ』のリリース以来、小中学生向けの『勉強サプリ』、英語学習に特化した『英語サプリ』『英単語サプリ』と、それぞれの領域に焦点を当てて生まれた全『サプリ』を、『スタディサプリ』としてブランド統一。サービスのさらなる進化と品質向上を目指し、それぞれの段階の多様な学びを俯瞰した総合的なサポートを構築。

2016|APR

先生向け学習管理機能
『スタディサプリ for Teachers』
本格スタート

教育現場の声を受けて『スタディサプリ』の小中高・自治体導入が進み、さらに高校での利用数が増えたことから、新たに先生に向けたサービスをリリース。『スタディサプリ』での学習状況を共有・管理機能を有するため、生徒一人ひとりに適した講義配信やテストなどを行うことが可能となりました。学習に先生の目が加わることで、効率と効果は大きく進歩。

2017|MAR

『リクナビ進学』が
『スタディサプリ進路』へ

2017|AUG

『スタディサプリENGLISH
TOEIC®︎ L&Rテスト対策コース』
スタート

『スタディサプリENGLISH』から、TOEIC® L&Rテスト対策に特化したサービスをリリース。まとまった勉強時間を確保しづらい大人に向けた学習メソッドが大きな特徴で、最短2分程度の演習問題やカリスマ講師による5分程度の講義動画が充実。通勤や少しの空き時間に取り組める設計で、コツコツと継続しやすい学習スタイルを提供。

2020|APR

インドネシア・ジャカルタで政府が
推奨するオンライン学習サービス
として『Quipper』が認定

2020年初頭の新型コロナウイルス感染症拡大に際し、インドネシア政府は同年3月中旬にジャカルタ市内の全学校の閉鎖を決定。政府・教育省による自宅学習の推奨に伴い、『Quipper』が政府推奨のオンライン教育サービスの1社として認定、発表されました。それを受けて『Quipper』は、先生向けの学習管理プラットフォームと自主学習用コンテンツを、学校経由での導入において無償で提供開始。翌月には利用数は8900校、先生2万1000人、生徒38万人に達し、スピーディかつ大きな規模での学習環境整備に貢献。

2020|NOV

『G Suite for Education』と
スタサプIDの連携が可能に

2021|MAR

『スタディサプリ』
ブランドサイト開設

『スタディサプリ』が提供できる価値や開発側の思いを伝える場として誕生したブランドサイト。そのコンセプトは「学びを、もっと、新しく。」多くの人に現在の学びのシーンと可能性に触れてもらうべく、活用しているICTやブランドを構成する各サービスの使命と機能、講師陣紹介、最新の取り組みなどを掲載しています。

2021|APR

『スタディサプリ for SCHOOL』
サービス提供開始

約50年に渡ってリクルートが培ってきた高校生へのキャリア教育と進路選択支援ノウハウを、ICT化。学校向けのデジタルサービスへと進化させました。記入式だった適性診断はオンライン入力へ。その場での結果参照から資料請求までを一気に行えるほか、進学後のイメージが膨らむ情報等へのアクセスも可能。また『スタディサプリ for TEACHERS』との連携で先生と生徒間の情報共有がなされ、より的確で生徒一人ひとりに寄り添える指導を可能としました。効率の良さと細やかさを併せ持った進路選択シーンの構築をサポートしています。