スタディサプリ BRAND SITE

思考力を鍛える算数・数学界の立役者

尾﨑 正彦

算数

算数授業改革・学校改革で教育奨励賞文部科学大臣賞をはじめ数々の賞を受賞。子どもが愉しみながら、思考力・表現力を鍛える算数授業の創り方を学ぼうと、公開授業や講演会では教室からあふれるほどの教師が集まる。全国の多数の小学校にも指導者として招かれる。

その他出版物

アクティブ・ラーニングでつくる算数の授業 (東洋館出版社)
「書くっておもしろい!」表現力を鍛える算数授業のススメ (東洋館出版社)
思考力・表現力を評価する算数テスト集 ―「B問題」に強くなる- (東洋館出版社)
「問いをつくり出す力」を育てる13の視点 (東洋館出版社)
板書で見る全単元・全時間の授業のすべて 算数6年上 (東洋館出版社)
板書で見る全単元・全時間の授業のすべて 算数3年下 (東洋館出版社)
算数の授業がもっとうまくなる50の技 (明治図書)
小学校算数の授業づくり はじめの一歩 (明治図書)
‘算数学力日本一’への挑戦 (明治図書)
小学校新学習指導要領算数の授業づくり (明治図書)
WHYでわかる! HOWでできる! 算数の授業Q&A (明治図書)
算数授業スキル ニューノーマル (明治図書)

MESSAGE

学習者の皆さんへ

皆さんは算数の授業にどんなイメージをもっていますか?


「公式を使って答えが求められればいいんだよね」


こんなイメージをもった人が多いかもしれません。もちろん「答えを求めること」も算数では大切です。しかし、もっと大切なことが算数の授業にはあります。


それは、問題に向き合ったときに「問題のここがよく分からないぞ」と、頭の中に浮かんだ疑問点をはっきりとさせることです。なにが疑問点なのかを自分でしっかり自覚できることは、大人になって仕事をする上でも大切な考え方です。


スタディサプリでは、皆さんの頭の中に浮かんだ疑問点をはっきりとさせる時間を大切にしています。先生が一方的に教え込むのではなく、皆さんの頭に浮かんだ疑問を出発点に授業を進めています。


頭の中に疑問が浮かんだら、その疑問を早く解決したくなりませんか? スタディサプリでは、これまでに学んだことを活かして解決方法を考える時間があります。方法に自信がない人でも大丈夫です。授業の中では友だちのアイディアをヒントに考える時間も設定されています。


これまでに学んだことやヒントをもとに疑問の解決方法が見つかったとき、頭の中はすっきりとします。このすっきり感こそ、算数の勉強をする本当の意味です。頭の中がすっきりとしたときの脳みそは、たっぷりと汗をかいているはずです。自分の力で解決方法を考えていくことも、大人になって仕事をする上では大切な力になっていきます。


スタディサプリには、疑問をもつことやその疑問の解決方法を考えることが愉しくなる授業動画がたくさんあります。スタディサプリでたくさん勉強すればするほど、算数の勉強が愉しくなり、算数が大好きになっていくはずです!


みなさんが頭に汗をかいて考える愉しい算数授業を全国に届けたいと考え、私はスタディサプリの講師を担当しています。私といっしょにスタディサプリで算数を愉しみ、算数を大好きになりましょう!

その他の講師