スタディサプリ BRAND SITE

”使える”英語、教えます!

丸岡 幸子

英語

コロンビア大学大学院にて英語教授法(TESOL)修士号を取得。現在は、大学で英語講義を担当するほか、学術研究や英語学習書籍の執筆協力、各種検定対策、小学生対象の英語指導など、多方面から英語教育に携わっている。 今の姿から想像ができないが実は学生時代は自称「英語アレルギー」。その経験から、「せっかく学ぶなら楽に!楽しく!使える英語を!」をモットーに、常に目の前の生徒のやる気と上達を第一に考えて授業を行う。

MESSAGE

学習者の皆さんへ

私が英語を教える仕事を選んだのは、英語が分からなくて困っている人達を助けたかったからです。高校生のとき「私の人生に英語はいらない」と宣言したほどの(自称)英語アレルギーを経験しているので、苦手な人の気持ちの分かる先生にならなれる!と思いました。


なので、動画には学習ポイントの解説はもちろん、使う場面がイメージできる補足、豊富な例文、一緒に解く体験を散りばめました。学習ポイントの解説には、例文の意味や使う場面がイメージできるように簡潔な説明や一言コメントを加えています。続いて、動画で実際に文を完成させることで、私と一緒に問題を解く体験ができるようにしました。それが、ひとりで解く時に「動画でこうやってたな」と、判断の自信につながることを期待しています。また、全体を通して英語をできるだけナチュラルに発音しています。中学生のうちに恥ずかしがらずに英語の音とリズムをたくさん練習することをお勧めします。


英語は勉強するだけでなく、使うものでもあります。私自身、間違えながらたくさん使って上達しました。サッカーのルールを完璧に理解していても、実際にプレーするにはボールを使って繰り返し練習するはずです。間違いを気にせず楽しく練習して、使えるワクワクを味わってほしいです。それには自分なりの楽しみ方を工夫するのがカギです。勉強は教えてもらうものと考えている人もいるかもしれませんが、どんな目標に何を使ってどんな方法で勉強するかを自分で計画して実行できれば、その学習スキルはどんな分野にも応用できます。大人になるまでに自分のベストな勉強法を見つけて実践できるようになって欲しいです。それを手助けすることが先生の役割のひとつだと思っています。

その他の講師